Tag Archives: 歯周病

喫煙者は歯周病に気付きにくく治りにくい

2023年1月27日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。

今日は『喫煙(タバコ)』と歯周病の関連についてのお話と、歯周病は「喫煙者は気付きにくく治りにくい」とされている事についてお話したいと思います。

喫煙の大きな代償、知っていますか?

タバコの煙には多くの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。全身に悪影響を及ぼすことが知られるタバコですが、実は歯周病を悪化させる大きな要因にもなっているのです。

タバコが歯周病を悪化させる理由は?

歯を支える歯肉が不健康に!

ニコチンが血管を収縮させることで、血液によって運ばれる酸素や栄養が歯肉に運ばれにくくなります。

免疫力の低下!

喫煙により血液中の白血球の機能が低下し、歯周病への抵抗力が弱まります。

細胞修復機能の低下!

ニコチンの影響で、細胞修復に必要な繊維芽細胞の働きが抑制され、歯肉の修復を妨げます。

酸欠状態が好環境!

喫煙により歯周ポケット内の酸素が不足。酸素を嫌う歯周病菌が増殖しやすい環境に。

いつの間にか進行!

不健康な状態の歯肉では、歯周病菌が侵入してきても、それに抗うだけの力がなく炎症症状が少なくなります。でもこれは、症状が現れにくいというだけで、歯周病は進行していきます。

お口の健康を維持するためにも禁煙は大変重要です。これを機にタバコを吸っている方は禁煙しませんか?私たちと一緒にお口の健康を考えていきましょう!

喫煙者は歯周病に気がつきにくい?!

歯周病は強い自覚症状がなく静かに進行する病気ですが、歯ぐきが腫れたり、ブラッシング時に出血するなどのサインで気がつくことができます。でも、タバコを吸っている方は自覚症状が出にくいため、歯周病に気がつきにくく悪化させやすいのです 

治りにくい!再発しやすい!

なぜ症状に気がつきにくいのかというと、タバコを吸っていると、血管が収縮して血流が悪くなり免疫力も低下、タバコに含まれる化学物質が出血を抑え、歯肉も固くなることで炎症が抑えられるからです。

でも、これは歯周病が軽いというわけではなく、侵入してきた病原菌に対して戦うだけの力が不足しているということ。自覚症状が少なくても歯周病はどんどん進行し、重度の歯周病に進むリスクが高まります。

また加えて、歯周病の治療をしても、喫煙しながら行った場合は治療の効果が出にくいとも言われます。さらに、歯周病の状態が快復に向かっても、喫煙を続けることで再発のリスクも高まります。

タバコは百害あって一利なし。これを機に禁煙にチャレンジしませんか?一人ではなかなか禁煙できないという方は、禁煙外来など医療機関の力を借りるのもひとつの方法ですね。私たちと一緒にお口の健康を考えていきましょう!

歯周病のリスクを減らすには?

毎日のお口のお手入れや定期的な歯科医院での検診はもちろんのこと、上記のような生活習慣を見直すこともとても大切なのです。気になることがあれば、お気軽にご相談下さい。

歯科医院との二人三脚で、お口の健康を維持して歯の寿命を伸ばしましょう!

よねやま歯科医院院長 米山博彦

口臭の原因は歯周病かもしれない?!

2023年1月13日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。

今日は『疲れた時に歯ぐきが腫れる原因』と、「よく磨いても口臭が、、」とよく悩まれている方にその原因とされている事についてお話したいと思います。

疲れた時に歯ぐきが腫れるのは…

「疲れやストレスがたまると歯ぐきが腫れる」という方はいらっしゃいませんか?もしかすると、その歯ぐきの腫れは、歯を失うことにもなりかねない怖い病気「歯周病」のサインかもしれません!

歯周病のサイン?!免疫力低下で症状が!

歯ぐきが腫れる主な原因は、間違った歯みがきや、歯根に膿が溜まる、口呼吸など様々ですが、ストレスがあったり体調が悪い時にも歯ぐきが腫れることがあります。その一因は免疫力の低下。ストレスや体

調不良があると、敵から身を守ろうとする免疫力が低下して、普段は大人しくしていた歯周病菌が元気に活動し歯ぐきに炎症を起こすことがあるのです。

歯ぐきの腫れにとどまらず、ブラッシングの時に出血したり、朝起きた時に口の中がネバネバする、口臭が気になる、歯が長くなったような気がするなどの症状があれば、歯周病である確立は高まります。

私たちにできることは、お口の中を清潔に保ち、状態を日頃からチェックすること。そして「腫れても、しばらくすると良くなるから」と放置せず、歯科医院でよく診てもらうことです。

お口の健康を保つためには、痛みや不快感がなくても、定期的にプロのケアを受けることが大切ですね!

歯をよく磨いても口臭が…

「毎日歯を磨いているのに口臭を指摘された…」。そんな経験はありませんか?

口臭の原因はさまざまで、起きたばかりや空腹時、月経や妊娠中などに出やすい「生理的口臭」のほか、お口の中や全身の病気に起因する「病的口臭」がありますが、実は「病的口臭」の中で特に多い原因は歯周病なのです。

その原因、歯周病かもしれません!

歯周病を患っている方の歯ぐきには歯周ポケットができていますが、その中は細菌たちの絶好の住み家。

歯ブラシがなかなか届かない歯周ポケット内で細菌たちは元気に活動し、硫化水素やメチルメルカプタンといった強烈な臭いをもつ物質を放出し、それが口臭の原因になっているのです。

周りにも不快な思いをさせてしまう口臭。仕事や人間関係でもマイナスですよね。そんな困りものの口臭を改善するには、歯科医院で歯石を除去し歯周病の治療をすることが一番の解決法。

マウスウォッシュ等を使用してもその時だけの効果です。歯周病が原因の口臭は、歯周病の治療を受けない限り根本的に良くなることはありません。

「最近お口が臭う…」と感じる方は、早めに歯科医院で診てもらって下さいね。口臭を予防することが、お口全体の、そして全身の健康に繋がります!

よねやま歯科医院院長 米山博彦