電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

インプラントの治療期間は?治療計画書をチェック!

2022年5月6日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。
今日は「インプラント治療時の治療計画書」と「インプラント治療の治療期間」についてお話したいと思います。

インプラント治療計画書ってなあに??

「インプラントに興味があるけど不安。どんな手術をして、費用はどれくらいかかるのかな・・・」。そんな方はぜひ当院にお気軽にご相談ください。先ずはインプラント治療が可能であるかを診断させていただき、治療計画書を作成して、一人ひとりの患者様に最適な治療プランの提案をいたします。

治療プランの全容を理解できるから安心!

◎インプラントを入れる歯の位置や、使用するインプラントの種類などの治療計画
◎施術後のメインテナンスプログラム
◎インプラント治療にかかる料金
◎保証内容

インプラント治療は外科的手術を伴うことや、治療後も継続してメインテナンスが必要であること、そして費用も高額になりますので、「治療計画書」という治療プランの全容が明記された書類を作成して、お互いに納得、理解した上で治療を進めていきます。患者さんの不安軽減にも繋がる重要な書類です。

インプラント治療は患者様一人ひとり全て違いますので、健康状態からお口の中の状態の評価診断のもとに計画を立てます。また治療後のメインテナンスの計画も患者様ごとに違います。

また保証内容は当院では基本10年保証です。ただし条件があり、年間2回以上の検診、メインテナンスを受けていただく事が必須条件となります。

双方の信頼関係が大切です!

医師から治療計画書の内容説明を受け、内容を理解してから、インプラント治療を行うかどうかをジックリ考えてください。分からないこと、不安なことがあれば何でも聞いてください。患者さんと私たち双方が納得して治療を進めることで、よりよい結果に結びつくと信じています。お互いに信頼関係を築きながら、お口の健康を守っていきましょう。

どのくらいかかるの、治療期間?

インプラントの治療期間って長そう。忙しい自分でも通えるかな?」そんなふうに思われている方も多いかと思います。そこで、今回は治療の流れに沿って、治療期間をみていきましょう。

インプラント治療の流れ

①カウンセリング・検査

お口の中の状態を確認して、患者様に最適な治療方法をご提案します。レントゲン・CT撮影、歯周病・噛み合わせのチェック、全身症状の確認などから具体的な治療計画を立て、患者様の同意のもと治療をスタートします。

②インプラント1次手術

インプラント(人工歯根)を埋め込みます。インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3~6ヶ月ほどの期間が必要になります。

③インプラント2次手術

インプラントが定着したらアバットメントと呼ばれる連結部分を装着します。

④人工歯の装着

傷口が治るのを待って、インプラントの上に被せる人工歯の型取りを行います。出来上がった人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。

インプラントは、外科手術が必要な治療ですので、十分な準備が必要です。またインプラント骨としっかり結合して定着するための期間を設ける必要があるので治療期間はトータルで3~10ヶ月ほどかかるのが一般的。

歯周病や虫歯があれば、インプラントの治療前に治しておく必要がありますし、顎の骨の状態や治療部位によっても治療期間は変わってきます。通う期間や回数なども担当の先生とよく話し合って、治療を受けられるか決めてくださいね!

よねやま歯科医院院長 米山博彦

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0792952330へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
▲ 土曜日は9:00~13:00 15:00~18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
よねやま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2022 よねやま歯科医院