電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

包括歯科治療

虫歯や歯周病等で破壊された
口腔内を蘇らせる歯科総合治療

包括歯科治療は破壊された口腔内を再建します

日本人の80%がかかっていると言われる歯周病が進行してしまうと
歯や歯周組織が破壊されてしまい歯を支えている歯槽骨(歯の周りの骨)が溶けてしまい
歯がグラグラと動揺し最後には脱落もしくは痛みの為に抜歯をしなくてはいけなくなります。

また残っている歯もぐらつきが起こり、噛む時の力や歯ぎしりや食いしばりのために
本来の場所から移動してしまい噛み合わせが変わってしまいます。

また虫歯や外傷などで歯を失うこともよく起こります。

抜けた歯をそのまま放置することでその移動はどんどんひどくなります。
(これを病的歯牙移動 PTM と言います)

では実際にどのように口腔内が壊れていくのか、
またそうなったらどう治すのかを動画で説明します。

咬合崩壊はこのように起こります

歯が抜けて放置すると、残った歯は無くなった歯の隙間に傾き、
さらに噛み合わせの歯は噛み合わせの接触がなくなった為に伸びてきます。

奥歯が無くなると噛み合わせ全体の支えがなくなり
咬合力によって前歯の突き上げが起こり上の歯は前に傾いて行きます。

横の歯はだんだん前方に斜めに傾斜してゆき、
噛み合わせ全体の高さがだんだんと低くなります。
放置するとこれが繰り返し起こり、噛み合わせが崩壊します。

歯周病も並行して進行して、やがて全ての歯がなくなってしまいます。

治療方法は?

この状態を治療する為には、
単純になくなった歯をブリッジや入れ歯、インプラントで補うだけでは不十分で、
仮にそうしたとしても安定せずに短期間で再治療、
もしくは新たに歯が失われて入れ歯に移行する事になることが多いです。

このPTM(病的な歯牙移動)を根本的に治療する為には、

  1. 徹底的な歯周治療(口腔内の炎症をできるだけ無くす事)
  2. 過大な咬合力のコントロール
    (動揺歯の固定、ナイトガードによる歯ぎしりのコントロール)
  3. 矯正治療(病的に移動した自分の歯を元に戻す)
  4. 歯がなくなった部位へ新たに人工の歯を入れる

特に大切なのが歯周治療と移動してしまった自分の歯を元の位置に戻す矯正治療になります。

その上でブリッジや部分入れ歯やインプラント治療を行うことで、
残った自分の歯の負担を軽減し安定した噛み合わせを取り戻すことが可能になります。

歯がなくなって放置する期間が長くなればなるほど、
後々の治療が難しくなり、期間も費用も右肩上がりになってしまいます。

すぐに治療すれば治療方法もシンプルになり費用も安くすみます!

歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法には“ブリッジ、入れ歯、インプラント”があげられます。

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の部分の左右の歯を削り、
義歯(人工の歯)の橋をかける治療法

<メリット>
  • 固定式で違和感が無い
  • 比較的治療期間が短く、保険が適用できる
<デメリット>
  • 治療のために両隣の歯を削る必要がある
  • 土台とした歯の滅菌がしづらくなり、
    虫歯や歯周病の再発の可能性がある

入れ歯

入れ歯

歯を失った部分の型取りをし、
人工の歯を取り付け、自分の歯で固定する簡単な治療法

<メリット>
  • 歯を削ることが少ない
  • 比較的治療期間が短く、保険が適用できる
<デメリット>
  • 違和感を感じることが多い
  • 食事の際動きやすく、痛みを感じることがある
  • 歯に架ける金具により、審美性に欠ける

インプラント

インプラント

長年の研究と高度な技術のもとに開発された
人工の歯根(インプラント)を植える治療法

<メリット>
  • 健康な歯を全く削ることなく、
    歯のない部分にインプラントを入れます
  • 噛んだ時の感触、噛み応えが自分の歯に近い感覚を得ることができる
  • ブリッジや入れ歯より長持ちすることが多い
<デメリット>
  • インプラントを埋め込む手術が必要です
  • 保険がきかないため費用がかかります
  • 治療期間が比較的長くかかります

歯科総合治療の流れ

STEP 01

応急処置(痛み・腫れをとる治療)

STEP 02

審査・診断(レントゲン検査・模型検査)

STEP 03

欠損部位、咬合の審査
使用する人工歯の種類の検討(インプラント/ブリッジ/部分入れ歯)

STEP 04

歯周病・虫歯の治療

STEP 05

CT検査(自院撮影)必要があれば撮影します

STEP 06

PTM(病的な歯の移動)の矯正治療

STEP 07

インプラントオペ《 1次オペ 》(インプラントを使用する場)

STEP 08

矯正治療の終了(多くの場合6~12ヶ月ぐらいの期間がかかります)

STEP 09

印象(型をとります)仮歯の作製 咬合治療の開始(3~6ヶ月噛み合わせの診査)

STEP 10

最終補綴セット(差し歯のことです)

STEP 11

メンテナンス(3~6ヶ月おきのクリーニングとチェック)

院長米山のインプラントオペ
コンピューターによるシュミレーション

費用について

※ 費用について 下記はすべて税別です

矯正治療
(部分矯正~全顎矯正)
¥100,000~¥700.000
インプラント ジルコニアセラミック冠 ¥400,000
ファインセラミックス冠 ¥370,000
メタル冠 ¥330,000
検査料
CT、レントゲン、咬合診査等の検査料
¥50,000~¥100,000
鎮静静脈鎮静(麻酔医出張費) ¥55,000
骨造成費用(骨を造る必要がある場合) ¥50,000~¥250,000

※ 歯周治療, 義歯(保険治療)自費の義歯は義歯ページ参照

お支払い方法

  • 一括払い
  • 2回の分割払い(自院分割)
  • 各種クレジットカード

ご利用できるクレジットカード一覧

保証制度

当院では安心してインプラント治療を受けて頂くために
最長10年間の保証制度を導入しております。

※ この保証制度をご利用頂く際は、3ヶ月~6ヶ月に1回の経過のチェックとメンテナンスのためにご来院頂くことが条件となります。

インプラントは、ブリッジや義歯と比べても丈夫で長持ちしますが、定期的な経過のチェックとメンテナンスは欠かせません

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0792952330へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00~19:00
/
/
/
/
休診日 / 木曜・日曜・祝日
▲ 土曜日は9:00~13:00 15:00~18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
よねやま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2019 よねやま歯科医院