Tag Archives: 入れ歯

3つの治療法。お掃除方法もそれぞれ!

2023年11月25日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。
今日は「3つの治療法。お掃除方法もそれぞれ!」のお話と「3つの治療法。周囲の歯への影響もそれぞれ!」のお話です!

3つの治療法。お掃除方法もそれぞれ!

歯を失ってしまった時、入れ歯・ブリッジ・インプラントから治療法を選択することになりますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。後悔することがないように、長所も短所も理解した上で治療法を選択したいですね。そこで今回は、治療後の掃除のしやすさ
にスポットを当てて3つの治療法を比べてみましょう!

インプラント

今までと同じように、歯ブラシや歯間ブラシなどを使用して掃除することができます。入れ歯のように取り外す手間もなく、ブリッジのように汚れが溜まりやすいということもないため、お口の中を清潔に保ちやすい治療法と言えます。

ブリッジ

ブリッジにした場合も今までと同様に歯ブラシや歯間ブラシなどで掃除することができます。今までと違うのは、歯がない部分を補うポンティックという人工歯と歯肉の間に隙間ができること。この部分は食べかすが溜まりやすいため、スーパーフロス等を使い、念入りに掃除することが必要です。

入れ歯

毎食後、入れ歯を外して義歯用ブラシや義歯用歯磨き粉でお掃除します。部分入れ歯の場合は汚れが残りやすい金属部分(クラスプ)も丁寧に磨きます。就寝前には義歯洗浄剤を使用してお手入れする必要も。また、入れ歯だけでなく、歯ぐきや残っている歯も歯ブラシなどを利用して清潔にする必要があります。

-いかがでしたか?治療法により、その後のお掃除方法も気をつけるポイントも違ってきます。ご自身の生活スタイルに照らし合わせて、最適な治療法を選択してくださいね!

3つの治療法。周囲の歯への影響もそれぞれ!

歯を失った時の治療法には、入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回は治療による「周囲の歯への影響」にスポットを当て、それぞれの治療法を比べたいと思います。将来、後悔することがないように、長所だけでなく短所も把握し、最適な治療法を選択しましょう!

入れ歯

部分入れ歯の場合は、隣の歯にクラスプという金具をかけて固定するため、支柱となった歯に大きな負担がかかります。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を支柱にし「橋」のように義歯を支えるのがブリッジです。両隣の歯を大きく削ることに加え、ブリッジを支える負担もあるため、両隣の歯の寿命は短くなる可能性があります。

インプラント

あごの骨に埋め込んだ人工歯根が人工歯を支えるため、他の歯に影響を与えることはほとんどありません。他の歯に頼らず自立しているため、周囲の歯への影響は3つの治療法の中で一番少ないと言えます。

-いかがでしたか?治療法により周囲の歯にかかる負担はまったく違ってきます。治療期間や費用面、メンテナンスのしやすさなども考慮して、皆さまにとって最適な治療法を選択してくださいね!

よねやま歯科医院院長 米山博彦

入れ歯、ブリッジ、インプラント。治療後の注意点は?

2023年7月29日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。
今日は奥歯の入れ歯の合わない方のための「入れ歯、ブリッジ、インプラント 治療後の注意点は?」のお話と「インプラント手術時の痛み、術後の痛みは?」のお話です!

入れ歯、ブリッジ、インプラント。治療後の注意点は?

入れ歯、ブリッジ、インプラント。歯を失ったとき皆さんはどの治療法を選びますか?

メリットばかりに注意がいきがちですが、治療後のことも考えて治療法を選ぶことが大切です。そこで今回は、それぞれの治療後の注意点をご紹介します。

治療後の注意点

▼入れ歯

お口の中の状況の変化によって「入れ歯が合わなくなってうまく噛めない、ものを噛むと痛みがある」ということがあります。その都度、お口の状態に合わせて入れ歯の調節をすることが必要となります。

▼ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って支柱とし、そこに一体化したクラウンを被せる治療法です。そのため、両隣の歯に大きな負担がかかり歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。
支えになっている歯が虫歯になると作り直しということも。

▼インプラント

半永久的に使用できると思われがちですが、インプラントにも「インプラント周囲炎」という歯周病菌によって起きる疾患があります。インプラント周囲炎は歯周病より進行が早く症状も自覚しにくいため、これまで以上にメンテナンスに力を入れる必要があります。

いかがでしたか?お口の状態も生活習慣も患者様一人ひとり違います。ぜひご自分に合った治療法を選んでくださいね。皆さんの健康な口内環境づくりを私たちがお手伝いします!

手術時の痛みは?手術後の痛みは?

インプラント治療を考えているけど、歯ぐきを切開してインプラント体を埋め込むというと怖くて踏み切れない…という方、その気持ち分かります。そこで今回は、インプラントの治療にともなう「痛み」にスポットを当ててご紹介したいと思います。具体的に知れば、次の一歩も踏み出しやすくなりますよ!

■手術中の痛みは?

ほとんどの方が、麻酔でほとんど痛みを感じなかった、虫歯や親知らずの治療より痛みが少ないと言われることが多いようです。麻酔自体の痛みもチクッと感じる程度。術中の痛みはさほど心配する必要はないでしょう。どうしても不安…という方には、半分寝ているような状態をつくりだす「静脈内鎮静法」を用いることも、医院によっては可能です。

■手術後の痛みは?

麻酔が切れて痛いと感じることがありますが、一般的には痛み止めの服用で抑えられる程度です。抜歯をしたときのようなチクチクとした軽い痛みであることが多いです。ただし、治療範囲が広い場合などは強い痛みがでる場合も。

また、過ごし方によっては痛みが増すこともあります。飲酒、喫煙、激しい運動、熱いお風呂に入る、刺激物を食べる、治療箇所を触る、強く鼻をかむなどの行為は避けて過ごします。

一般的に痛みの心配はさほどないと言えますが、患者様一人ひとり、麻酔の効き方や治療の難易度等は違います。治療を検討されている方は、不安がなくなるまでしっかりと担当医と話し合いましょう!

よねやま歯科医院院長 米山博彦

3d render of jaw with implants supported dental bridge

周りの歯に負担をかけない治療法

2023年6月10日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。
今日は奥歯の入れ歯の合わない方のための「周りの歯に負担をかけない治療法」のお話と
「実は、治療を終えてからが重要!」のお話です!

周りの歯に負担をかけない治療法

虫歯や歯周病等で歯を失ってしまうとショックであると同時に、生活にも不便が生じてしまいます。そこで考えるのが、部分入れ歯やブリッジやインプラント。それぞれのメリット・デメリットはありますが、今回は失ってしまった歯の“周りの歯”にスポットを当てて、3つの治療法を比べてみましょう!

バネをかける?健康な歯を削る?

Illustration of bridges, dentures and implants

部分入れ歯

失った歯の周囲の歯に金属のバネをつけて装着する入れ歯の場合は、バネをかけた歯に負担がかかります。
例えば、ものを食べる時はそれぞれの歯に力がかかりますが、部分入れ歯では、失った歯が負担するはずだった力を両隣の歯が負担することになるので、土台となっている歯を酷使し、その寿命を縮めてしまうおそれがあります。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を、人工の歯をかぶせる土台
にするために削ります。健康な歯であっても削らなくてはな
らず、大変もったいないことです。また、部分入れ歯同様、
土台になる歯に大きな負担がかかり、その歯の寿命を縮めて
しまう可能性があります。

インプラント

人工歯を入れるために、隣の歯にバネをかけたり削ったりする必要はありません。
「周りの歯に負担をかけない」という観点からみると、インプラントが優れていると言えそうです。3つの治療法にはそれぞれメリットもデメリットもありますので、しっかり理解してご自分に合った治療法を選びましょう。気になることや疑問点などあれば、どんどんご相談くださいね!

実は、治療を終えてからが重要!

今回は、部分入れ歯、ブリッジ、インプラント、それぞれの治療後のメンテナンスの違いについてご紹介します!どの治療法にするか迷われている方は、ぜひ参考にされて下さいね。

それぞれに必要なメンテナンスは?

Illustrations about care for bridges, dentures and implants

ブリッジの場合

ブリッジでは、失った歯の両隣の歯を削って土台にし、つながった歯を橋のように渡して固定します。人工の歯の下や、人工の歯と隣の歯の間には、汚れが溜まりやすいので、歯間ブラシやフロスを使用してシッカリと清掃します。

部分入れ歯の場合

入れ歯自体とお口の中、両方をお手入れします。入れ歯を外して歯ブラシや歯間ブラシを使い優しく丁寧に清掃します。
入れ歯洗浄剤を併用するとより効果的。もちろんお口の中も、歯ブラシやフロス、歯間ブラシ等を使い清潔に保ちます。

インプラントの場合

基本はブラッシング。歯周病のように周りの歯ぐきが炎症を起こす「インプラント周囲炎」になりやすいので、歯と歯ぐきの間等は特に気をつけて磨く必要があります。定期健診でインプラントやお口の状態をチェックしてもらいます。

まとめ

いかがでしたか?せっかく治療がうまくいっても、メンテナンスが続かないと、結局は歯の寿命を縮めてしまいます。治療方法、治療期間、料金、そして治療後のメンテナンスも含めて、ご自分にピッタリの治療法を選択されて下さいね。

よねやま歯科医院院長 米山博彦

歯の欠損。そのままにしているとどうなる?

2023年3月31日

こんにちは、姫路市の歯医者 よねやま歯科医院院長の米山博彦です。

「歯が抜けたけど隣の歯を削るブリッジは抵抗があって…」「入れ歯を入れていたけど、合わなくて使っていない」という方、歯を失ったままにしておくと様々な弊害があることをご存じですか?今回は歯の欠損を放置しておくことのデメリットをお伝えします。

噛み合わせの崩壊!表情も変化!

歯の欠損を放置しておくと?

★両隣の歯が倒れてくる…長期間放置していると、隣の歯からさらに隣、その隣…というように、どんどん噛み合わせが狂ってきます。失った歯の噛み合っていた歯も伸びてきます。

★あごの骨や歯ぐきが痩せる…抜けた歯の周りの骨や歯ぐきが痩せて、歯茎の位置が下がってきます。多くの本数の歯が抜けたままで放置すると、頬がこけたり、顔のたるみが目立ってくるなど、見た目が老けて見えます。

★顎関節症の原因に…噛み合わせが狂うと、あごが痛む、口が大きく開けられないなどの症状のほか、頭痛や肩こりなどの症状も現れる、顎関節症になることも。

★虫歯や歯周病にもなりやすく…歯が移動し歯と歯の隙間が開いてくると、磨き残しがたまりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

★認知症のリスク…噛むことは脳に刺激を与えますが、歯を失いよく噛めない状態では、脳への刺激が減り認知症にかかりやすくなると言われています。

このように歯を失ったままにしておくと、残っている歯やあごに悪影響を与え、顔の表情まで変えてしまうという沢山のデメリットがあります。ブリッジや入れ歯に抵抗がある方は、自分の歯のようにしっかりと咀嚼ができ、隣の歯を削ることもないインプラント治療を考えるのもひとつの道です。

興味を持たれた方は、お気軽にご相談下さい。

よねやま歯科医院院長 米山博彦